ドボンを極める!

» このサイトで言う [ 巨べら ] とは、野釣り限定 ( 産 ) : 45cm 以上の へら鮒 の事を指す。そして何時かは...

巨べら師養成所 - ドボンを極める!

= ドボンを極める! =

ドボンとは...
正式名は [ 通し仕掛け ] 。 中通し / 外通し 仕掛けを主に指す。そしてその [ 釣法 ] が野性味溢れる 巨べら なる強モノをGetする為の必釣法の一つになる。して何故その仕掛けの呼び方が ドボン なる言い方なのか? それは振込みの際 [ 仕掛け ] が水面に着水と同時に [ ドボン ] と音がするからと言われてる。

ドボンなる釣法はどんな時に効果的?

皆さんがイメージする ドボン なる釣法とは...
恐らく共通されるイメージは [ 流れ対策 ] !! そうです。その通り ! そして [ 食い渋り対策 ] にも効果がある。又このサイトの  である 巨べら 釣りに威力を発揮しこの [ 釣法 ] をマスターする事が 巨べら をGetする為の近道だと助言しよう。

ドボン仕掛けの種類は?
そしてその [ ドボン ] なる釣法をする為の仕掛けが数種類存在する。大きく分類すると [ 中通し ] [ 外通し ] 仕掛けに分類できる。あくまでも大きく分類するとで有る。そして歴史的観点から見ると [ 中通し ] 仕掛けの方が歴史的に古く [ 外通し ] 仕掛けの方が新しいので有る。

途の為・己の為 = 巨べら道 = from へらマニア

ドボン仕掛けの使い分け - 中通し編 -
へらマニア-中通し仕掛けではまず 中通し 仕掛けから...
中通し 仕掛けは本来 [ 流れ ] に対処する為に考案された仕掛けなのである。ご存知のように通常の 中通し 仕掛けは、使用する道糸の [ ライン ] 上にオモリを通す。 ( 右図参考 )
* 別途 / 板オモリを巻くタイプも有る。
当然 中通し のオモリは上下に動く事ができる。ここで勘違いして欲しくないのが俗に言う [ オモリベタ ] なる仕掛けとは違うと言う事。  [ オモリベタ ] なる仕掛けは [ オモリ ] で仕掛けを這わせてしまう。もっと厳密に言えば [ バランス ] 釣りの延長線上の釣り方である。
* [ 板オモリ ] や [ カミツブシ ] 等のオモリでオモリ自体が [ 遊動式 ] になって無い事がポイントだ。
* 中通し 仕掛けはその逆でオモリ自体が [ 遊動式 ] になってる事がポイントだ。

中通し仕掛けのポイント

1. 流れが有る!
2. バランス仕掛けでは釣りが出来ない!
3. 駆け上がりで有る! [ 護岸等 ]  逆駆け上がりは不向き
4. 大きいアタリが出るフィールドで有る!
5. ヘドロ層が気にならない!
6. 食い渋り気味だ!
7. エサを落ち着かせたい!
8. 数は出ないで良いからとにかく大型!
* 以上の項目が重要事項になってくる。

- 最低限・上記のポイントは抑える必要が有る! -
私個人の見解を記載させて頂く...
 [ ドボン仕掛け ] を使用する場合、流れが強いか弱いかが第一ポイントになる。
先ずは [ 中通し仕掛け ] の作り方を紹介する。

脱着式 / 中通し仕掛け - 必要材料右記に写ってるのが 脱着式 / 中通し仕掛け を作る為に必要な材料になる。
私の場合、殆ど [ 脱着式 ] は使用しないが、作り方は同じなので。
[ 材 料 ]
浮き止めゴム / 使用する道糸より太いライン / 中通しオモリ / 丸カン / フック or フック付サルカン


脱着式 / 中通し仕掛け右記に写ってるのが 脱着式 / 中通し仕掛け になる。私の場合、殆どこのタイプは使用しないが、作り方は同じなので参考に。この仕掛け作りの ポイント は、中通しオモリに通すラインは、太めにして置く事。
ゴム等でラインを保護するタイプのオモリでも同じである。その訳は、常にライン上でオモリが 上下 するからである。又、このタイプは、メリットも在る。複数個、用意しておけば [ オモリの号数 ] も容易に変更できる。



巨べら専用浮き - Mania



ドボン仕掛けの使い分け - 外通し編 -
へらマニア-外通し仕掛けでは次に 外通し 仕掛けに移ろう。
外通し 仕掛けは [ 中通し ] 仕掛けの良いとこ取りだと思ってくれ ! 例えば [ 中通し ] 仕掛けだとオモリの中にラインが通り [ ヘドロ層等 ] が有れば当然 [ 通しオモリ ] と一緒にヘドロ層の中に沈んで行く。だから弱い [ サワリ ] や [ 前触れ ] 等が伝わり難かった ! それが 外通し 仕掛けだと...
オモリ自体がラインより外側に有る訳だから当然弱い [ サワリ ] や [ 前触れ ] 等が伝わり易くなる。そして市販されている 外通し 仕掛けを使用するのも良いけど出来れば自作する事をお勧めする ! その訳は、幾つかの理由からである。

お勧めポイント1. 自作の方が安上がりで有る!
お勧めポイント2. 繊細な釣りが故のお手軽さ!
お勧めポイント3. 簡単にベストな仕掛けを作れる!
お勧めポイント4. しっかりとした仕掛けになる!...etc

上記に記載した通り 外通し 仕掛け自体は自身で作った方が断然良い ! 自作だと安上がりになるだけで無くしっかりとした 外通し 仕掛けを作り出す事が出来る。間違い無い !! そして一番肝心なのが 巨べら 仕様の [ 通し仕掛け ] が出来ると言う事 ! その 巨べら 仕様の 外通し とは ? 通常市販されている 外通し 仕掛けはオモリ自体が [ 軽すぎる ] モノが殆どで有る。それでは駄目ので有る !!  更に [ 天秤タイプ ] のモノで有れば良いのだがナイロン形式のモノはもっと始末が悪い。オモリ自体を変更できるので有れば問題は無いが。それでも ナス型 オモリの  [ 1.5号 / 2号 ] 等といったモノが付いている仕掛けは無いで有ろう。
そしてそんな 号数 必要無いと言う無かれ !! ここが 外通し 仕掛けのポイントになる。

- 最低限・上記のポイントは抑える必要が有る! -
そして次は [ 外通し仕掛け ] の作り方を紹介する。

へらマニアオリジナル / 外通し仕掛け - 必要材料右記に写ってるのが...
へらマニアオリジナル / 外通し仕掛け を作るに為に必要な材料になる。
私の場合、殆どがこの形式である。
[ 材 料 ]
浮き止めゴム / ウレタンパイプ / ナス型オモリ / 丸カン / 天秤


へらマニアオリジナル / 外通し仕掛け右記に写ってるのが へらマニアオリジナル / 外通し仕掛け になる。私の場合、このタイプ以外は使用しない。大型を狙うフィールドは、当然巨大な釣り場が多い。又、どうしてもラインを [ 傷める ] 為、道糸自体、1 ~ 2回の使用で廃棄処分にする事が殆ど。それでも、自分也に研究して仕上げた [ 外通し仕掛け ] なので自信を持ってお勧めできる。
そしてこの仕掛け作りの ポイント は、ウレタンパイプの長さを * [ 許容範囲 ] 内に収める事。
目安は * [ 2.5cm ~3cm未満 ] 迄。長くしすぎると [ アタリがボケる等 ] の現象が起き、短すぎると [ 仕掛けが絡む等 ] の現象が起きる。そしてハリスの長短とのバランスも関係してるので [ スレ掛り ] も出てくる。逆にこの * [ 許容範囲 ] で在れば、私は殆ど [ スレ掛り ] を経験して無い。実釣結果である。

- 補足情報 -

ワンタッチ式 - 外通し仕掛け* 左記の物は、バランス仕掛けをそのまま [ 外通し仕掛け ] にできる [ 遊動式オモリ ] である。又、これに類似したシンカー等が結構発売されている。しかしとても便利な反面、デメリットが。まず右記の代物は、釣りをしてる間にこの [ 遊動式オモリ ] 自体が外れてしまう現象が起きる。そして最大の難点は、この手のタイプに共通する事で [ 遊動式オモリ ] の号数に大きい号数タイプが無いと言う事である。
一般の へら鮒釣り には、使用できるが事 [ 巨べら釣り ] に限って言えば不向きである。


外通し仕掛けのポイント

ポイント1. バランス釣り [ 底釣り ] の延長線上の釣りと思え!
ポイント2. 中通し仕掛けより繊細な釣り方と思え!
ポイント3. オモリの号数を細かく用意しろ!
» 0.3号 / 0.5号 / 0.8号 / 1号 / 1.2号 / 1.5号 / 2号
ポイント4. 流れが無いフィールドでこそ使用しろ!
ポイント5. ハリスの長さを見極めろ!
ポイント6. 浮きも数タイプ用意しろ!
» 食い渋り用タイプ [ 足長 / PCムクタイプ ]
» 流れ用タイプ [ カンザシ / その他 ]
» 底釣り用タイプ [ 竹足 / パイプトップ ]...etc

へらマニアオリジナル / 3枚合わせドボン用浮き - パイプトップ仕様上記に記載した内容が全てでは無いが、私が体験し感じている事を掲載させて頂いた。 [ 中通し ] 仕掛けと大きく異なる事は 外通し 仕掛け自体、限りなく [ オモリベタの底釣り ] に近い釣り方になると言う事。そしてそれが 浮き と オモリ の相対比によって奥の深い釣り方へと変貌して行くので有る。又、皆さんが ドボン なる釣り方をする時は、何らかの [ 理由 ] があってその [ 釣法 ] を選択している筈です。
例えば [ 食い渋り ] であったり...
[ 流れの有るフィールド ] であったり...
[ エサを落ち着かせたい等 ] ...etc
色々な条件や環境下で選択を余儀なくされている場合も多い。 だがこの [ 釣法 ] を嫌うへら師が多いのも又事実。
何故なら [ 一方通行 ] の [ 釣法 ] だと思われているからだ。しかし皆さんがイメージする [ 外通し - ドボン ] なる [ 釣法 ] は昔から存在する [ 中通し - ドボン ] とは異なり...
[ 消しこみアタリを待つ ] とか [ 食い上げアタリを待つ ] 等...etc
待つだけの釣りとは違い [ サワリ ] も判れば [ 魚信 ] も判るのだ。
だから [ 詰らない ] 釣りでも [ 退屈する ] 釣りでも [ 一方通行 ] の釣りでも無いのである !!

一生夢中で居たいなら・巨べら釣りを覚えなさい!! from へらマニア

Mania Dobon PC LType - 葵  (PCムクタイプ)
Mania Dobon PC - 葵(PCムクタイプ)ドボン を極める為には、その釣り方やポイント等に合った 浮き が大切な役割を果たす。自身が持っている 浮き で代替が出来るので有ればそれでも構わない。しかし、敢えて説明させて頂くと「浅瀬」「流れ」「浮力」等...etc
Mania シリーズ は、とても 感度 が良く扱い易い仕様になっている。もし余裕が有るのなら是非とも愛用してみてくれ。以下に Mania Dobon PC LType - 葵  (PCムクタイプ) の仕様ポイントを記載する。
» 仕 様:[ 羽根 / 3枚合わせ ]
» 水 深:[ 50cm ~ 5.0m程度 ]
» 道 糸:[ 1.2号以上 ]
» ハリス:[ 0.6号以上 ]
» ハリ号数:[ グラン / 巨べら / 13号 ~ 18号]
» 流 れ:[ 微流程度 ]
尚、Mania シリーズ にご興味の有る方は、こちらの [ 巨べら専用浮き - Mania ] にてお求めになれます。

Mania Dobon PC Hard - 尊  (PCムクタイプ)/ 仮
Mania Dobon PC Hard - 尊 特別仕様(PCムクタイプ)ドボン と言われる釣り方には、様々な状況が考えられる。この仕様は、通常シリーズを 特別仕様 とした 浮き なる。少々、水深が深くても対応できる仕様に仕立ててる。又、流れにも対処出来る設計だ。もし余裕が有るのなら Mania シリーズ を愛用してみてくれ。以下に仕様ポイントを記載する。
» 仕 様:[ 羽根 / 4枚~6枚合わせ ]
» 水 深:[ 2m ~ 5.0m程度 ]
» 道 糸:[ 1.2号以上 ]
» ハリス:[ 0.6号以上 ]
» ハリ号数:[ グラン / 巨べら / 13号 ~ 18号]
» 流 れ:[ 強流程度 ]
尚、Mania シリーズ にご興味の有る方は、こちらの [ 巨べら専用浮き - Mania ] にてお求めになれます。


外通し仕掛けのおさらい

基本的 な使い方は...
[ じっくり大型 ] なるフィールドで使用するのがベスト !!  先にも記してあるがあくまでも [ オモリベタの底釣り ] の延長線上的な感覚で使用する事。
そしてその 感度 を最大限に引き出す為には  [ オモリの重さ = バランス ] が最重要事項になる ! 使用するフィールドによっては...
[ 重いオモリ ] が良かったり...
[ 浮力の有る浮き ] が良かったり...
[ 長いハリス ] が良かったり...
エサ落ちは [ トップ1目盛出し ] が良かったりなど等...etc
へら鮒釣り の他の釣り方と何ら変わりは無いのである。そしてこの釣り方の最大のメリットは [ 流れ ] の有るフィールドでも使用する事が出来る ! 言わば兼用タイプである。但し [ デメリット ] も有る。デメリットと言うかこの [ 外通し - ドボン ] なる釣り方が全然通じないフィールドが有ると言う事。当然 [ 宙釣り ] で無いと 巨べら が出ないフィールドでいくらやってもくるのは巨鯉ばかりになる ! しかしこの釣り方が出来るか出来ないかでは 巨べら に出逢う確立も全然変わってくるのは言うまでも無い !


* 注 意
この 巨べら師養成所 に記載されている内容は、サイト監修する へらマニア の独断と偏見で構築されてます。予めご理解の元・ご利用下さい。又 巨べら師養成所 内にて記載する [ 巨べら師養成所フォトギャラ ] 並びに [ 巨べら専用浮き-Mania ] を閲覧・愛読・愛用しただけでは 巨べら なる強モノを釣り上げる事は難しい。しかし 巨べら 釣りをする為の基礎情報は備わっている。[ 利用してくれ! ] このサイトを。