» このサイトで言う [ 巨べら ] とは、野釣り限定 ( 産 ) : 45cm 以上の へら鮒 の事を指す。そして何時かは...



= ドボンを極める! =

ドボンとは、正式名は [ 通し仕掛け ] 。 中通し / 外通し 仕掛けを主に指す。そしてその [ 釣法 ] が野性味溢れる 巨べら なる強モノをGetする為の必釣法の一つになる。して何故その仕掛けの呼び方が ドボン なる言い方なのか? それは振込みの際 [ 仕掛け ] が水面に着水と同時に [ ドボン ] と音がするからと言われてる。


ドボンなる釣法はどんな時に効果的?

皆さんがイメージする ドボン なる釣法とは、如何なる時に効果的なのであろうか ? 恐らく共通されるイメージは [ 流れ対策 ] では無いか。その通り。そして [ 食い渋り対策 ] にも効果がある。又このサイトの  である 巨べら 釣りに威力を発揮しこの [ 釣法 ] をマスターすると 巨べら をGet出来る可能性が限りなく広がる事で在ろう。

ドボン仕掛けの種類は?
そしてその ドボン なる釣法をする為の仕掛けが数種類存在する。大きく分類すると [ 中通し ] [ 外通し ] 仕掛けに分類できる。そして現在は、バランス仕掛けの延長線上の [ ライトドボン ] なるモノまで登場してきた。又、歴史的観点から見ると [ 中通し ] 仕掛けの方が歴史的に古く [ 外通し ] 仕掛けの方が新しいので有る。 * 厳密に言うと [ ライトドボン ] が一番古い可能性が在ります。


中通し仕掛けを用いるポイント

ドボン仕掛けの使い分け - 中通し編 -
へらマニア-中通し仕掛けではまず 中通し 仕掛けから。 中通し 仕掛けは本来 [ 流れ ] に対処する為に考案された仕掛けなのである。ご存知のように通常の 中通し 仕掛けは、使用する道糸の [ ライン ] 上にオモリを通す。 ( 右図参考 )
* 別途 / 板オモリを巻くタイプも有る。
当然 中通し のオモリは上下に動く事ができる。ここで勘違いして欲しくないのが俗に言う [ オモリベタ ] なる仕掛けとは違うと言う事。 1 [ オモリベタ ] なる仕掛けは オモリ で仕掛けを這わせてしまう。もっと厳密に言えば [ バランス ] 釣りの延長線上の釣り方である。
 1  [ 板オモリ ] や [ カミツブシ ] 等のオモリでオモリ自体が [ 遊動式 ] になって無い事がポイントだ。
* 中通し 仕掛けはその逆でオモリ自体が [ 遊動式 ] になってる事がポイントだ。

ポイント1. 流れが有る!
ポイント2. バランス仕掛けでは釣りが出来ない!
ポイント3. 駆け上がりで有る! [ 護岸等 ] * 逆駆け上がりは不向き
ポイント4. 大きいアタリが出るフィールドで有る!
ポイント5. ヘドロ層が気にならない!
ポイント6. 食い渋り気味だ!
ポイント7. エサを落ち着かせたい!
ポイント8. 数は出ないで良いからとにかく大型!
* 以上の項目が重要事項になってくる。

- 最低限・上記のポイントは抑える必要が有る! -
私個人の見解を記載させて頂くと ドボン仕掛け を使用する場合、流れが [ 強いか弱いか ] でどの仕掛けを使うか判断する。先ずは [ 中通し仕掛け ] の作り方を紹介する。基本この仕掛けを用いる時は 流れ が在る時である。そして自作仕掛けを色々と試して自分好みの仕様で作り上げてくれ。


脱着式 / 中通し仕掛け右記に写ってるのが 脱着式 / 中通し仕掛け になる。この仕掛け作りの ポイント は、中通しオモリに通すラインは、太めにして置く事。ゴム等でラインを保護するタイプのオモリでも同じである。その訳は、常にライン上でオモリが 上下 するからである。又、このタイプは、メリットも在る。複数個、用意しておけば [ オモリの号数 ] も容易に変更できる。




外通し仕掛けを用いるポイント

ドボン仕掛けの使い分け - 外通し編 -
へらマニア-外通し仕掛けでは次に 外通し 仕掛けに移ろう。 外通し 仕掛けは [ 中通し ] 仕掛けより 感度 が良いと思ってくれ。 例えば [ 中通し ] 仕掛けだとオモリの中にラインが通り [ ヘドロ層等 ] が有れば当然 [ 通しオモリ ] と一緒にヘドロ層の中に沈んで行く。だから弱い [ サワリ ] や [ 前触れ ] 等が伝わり難いので在る。それが 外通し 仕掛けだと、オモリ自体がラインより外側に有る訳だから当然弱い [ サワリ ] や [ 前触れ ] 等が伝わり易くなる。そして市販されている 外通し 仕掛けを使用するのも良いけど出来れば自作する事をお勧めする。その訳は、幾つかの理由からである。

ポイント1. バランス [ 底釣り ] の延長線上の釣りと思え!
ポイント2. 中通し仕掛けより繊細な釣り方と思え!
ポイント3. オモリの号数を細かく用意しろ!
» 0.3号 / 0.5号 / 0.8号 / 1号 / 1.2号 / 1.5号 / 2号
ポイント4. 流れが無いフィールドでこそ使用しろ! (微流)
ポイント5. ハリスの長さを見極めろ!
ポイント6. 浮きも数タイプ用意しろ!
» 食い渋り用タイプ [ 足長 / PCムクタイプ ]
» 流れ用タイプ [ カンザシ / その他 ]
» 底釣り用タイプ [ 竹足 / パイプトップ ]...etc
* 以上の項目が重要事項になってくる。

- 最低限・上記のポイントは抑える必要が有る! -
私個人の見解を記載させて頂くと ドボン仕掛け を使用する場合、流れが [ 強いか弱いか ] でどの仕掛けを使うか判断する。次は [ 外通し仕掛け ] の作り方を紹介する。基本この仕掛けを用いる時は 弱流 or 食い渋り等...etc の時である。オモリの号数を多数用意し使用する 浮き の浮力に適した ( ゆっくりと沈む程度 ) オモリにて釣りをする事が 基本的 な使い方で在る。そして自作仕掛けを色々と試して自分好みの仕様で作り上げてくれ。


へらマニアオリジナル / 外通し仕掛け右記に写ってるのが へらマニアオリジナル / 外通し仕掛け になる。私の場合、流れが無くても [ 波風が凄い場合 ] や [ 藻面等 ] を狙う場合もこの 外通し を用いる。又、使用メリットとして。大型を狙うフィールドは、当然巨大な釣り場が多い。そしてどうしてもラインを [ 傷める ] 為、道糸自体、1 ~ 2回の使用で廃棄処分にする事が殆ど。個人的に何度も試行錯誤し 外通し として仕上げたこのタイプは自信を持ってお勧めできる。そしてこの仕掛け作りの ポイント は、ウレタンパイプの長さを * [ 許容範囲 ] 内に収める事。目安は * [ 2.5cm ~3cm未満 ] 迄。長くしすぎると [ アタリがボケる等 ] の現象が起き、短すぎると [ 仕掛けが絡む等 ] の現象が起きる。そしてハリスの長短とのバランスも関係してるので [ スレ掛り ] も出てくる。逆にこの * [ 許容範囲 ] で在れば、私は殆ど [ スレ掛り ] を経験して無い。実釣結果である。


- 補足情報 -

ワンタッチ式 - 外通し仕掛け* 左記の物は、バランス仕掛けをそのまま 外通し仕掛け にできる [ 遊動式オモリ ] である。又、これに類似したシンカー等が結構発売されている。しかしとても便利な反面、デメリットが。まず右記の代物は、釣りをしてる間にこの [ 遊動式オモリ ] 自体が外れてしまう現象が起きる。そして最大の難点は、この手のタイプに共通する事で [ 遊動式オモリ ] の号数に大きい号数タイプが無いと言う事である。
一般の へら鮒釣り には、使用できるが事 [ 巨べら釣り ] に限って言えば不向きである。



ライトドボン仕掛けのポイント

ドボン仕掛けの使い分け - ライトドボン編 -
へらマニア-ライトドボン仕掛けでは最後に ライトドボン 仕掛けに移ろう。 ライトドボン 仕掛けは バランス 仕掛けと 外通し 仕掛けをくっ付けた形状である。何ゆえこんな形になったのか? 簡単である。各釣り人が釣り場にて必要に迫られ、何とか バランス 仕掛けの延長線上で釣りは出来ないものか? と。更に 外通し 仕掛けよりも感度が良くならないものか? と。そして始めは オモリベタ で釣りをしていた者が試行錯誤しこの様な形になった。微妙に形が違えど、この類の ライトドボン 仕掛けは、色々な場所で愛用されている。この仕掛けの ポイント は、外通しオモリを 上に付ける か 下に付ける かなのである。 バランス 仕掛け の延長正常で来た場合  の形状が通常パターンになる。又、オモリの量になるが使用する 浮き のトップ付け根まで沈む量を 板オモリ で賄う。私の場合、この釣り方をする時、ウネリが在れば Mania Dobon PC 葵 シリーズを着用し、然程でも無ければ Mania Bottom PT 尊 シリーズを愛用する。その為、適度な 板オモリ で 1箇所巻きにする。そしてその時の釣り場や状況に因って 外通し オモリの重さを選択する。通常、重過ぎないオモリを選択しセッティングする方が サワリ やエサの抜け等 ( 浮きの上下動作 ) の動きが判るのである。
私個人のイメージとしては 外通し 仕掛けのオモリだけが地底に着き ( 這わせ過ぎない事 ) 道糸が張った状態でアンカー役になってるエサが抜ければ、当然仕掛けは戻ろうとする。いわば オモリベタ を遊動式に変えた仕掛けになる。とても扱いやすくて感度も良い。私も数年前よりこの ライトドボン 仕掛けを愛用している。

へらマニア-ライトドボン仕掛け

ポイント1. 流れが有る!
ポイント2. 通常のドボン仕掛けでは、スレが連発する!
ポイント3. 通常のドボン仕掛けで釣りをする程での無い!
ポイント4. 藻等が生えていて釣り辛い!
ポイント5. 感度の良いドボン釣りをやりたい!
ポイント6. 食い渋り気味だ!
ポイント7. エサを落ち着かせたい!
* 以上の項目が重要事項になってくる。

- 最低限・上記のポイントは抑える必要が有る! -
私個人の見解を記載させて頂くとこの ライトドボン仕掛け を使用する場合、河川で在ったり藻場で在ったり食い渋り等で在ったり、何らかの条件で普通の釣りが出来ない時に愛用するシーンが多い。仕掛けを作ること事態、簡単なので [ ライトドボン仕掛け ] の作り方を紹介する。自身の好みに合わせ色々とアレンジして作り上げてくれ。


ライトドボン仕掛け右記に写ってるのが 簡単 / ライトドボン仕掛け / ② になる。この仕掛け作りの ポイント は、外通しオモリに、使用するオモリは、色々な号数を用意して置く事。重過ぎるオモリしか無いと オモリベタ や 外通し仕掛け 等と何ら変わらなくなってしまうからである。ドボンシリーズの中では、一番 繊細さ が要求される仕掛けで在ろう。又、付属するパーツに関しては、個人で色々と試して良い物をチョイスして仕上げるのも良いのでは。



巨べら専用浮き - Mania


Mania Dobon PC LType - 葵  ( PCムクタイプ )
Mania Dobon PC - 葵 LType(PCムクタイプ)ドボン を極める為には、その釣り方やポイント等に合った 浮き が重要な役割を果たします。ご自身が持っている 浮き で代替が出来るので有ればそれでも構いません。しかし敢えて説明させて頂くと Mania シリーズ は、用途に因ってとても 扱い易い仕様 になっている。 [ 流れ / 藻場 / 食い渋り等...etc ] もし余裕が有るのなら是非とも愛用してみて下さい。以下に Mania Dobon PC LType - 葵  ( PCムクタイプ ) の仕様ポイントを記載する。
» 仕 様:[ 羽根 / 3枚合わせ ]
» 水 深:[ 50cm ~ 5.0m程度 ]
» 道 糸:[ 1.2号以上 ]
» ハリス:[ 0.6号以上 ]
» ハリ号数:[ グラン / 巨べら 重沈等 / 10号 ~ ]
» 流 れ:[ 微流程度 ]
尚、Mania シリーズ にご興味の有る方は、こちらの [ 巨べら専用浮き - Mania ] にてお求めになれます。

Mania Dobon PT - 彩  ( パイプタイプ )
Mania Dobon PT - 彩 (パイプトップ)ドボン と言われる釣り方には、様々な状況が考えられる。この仕様は、通常シリーズを 特別仕様 とした 浮き なる。少々、水深が深くても対応できる仕様に仕立ててる。又、流れにも対処出来る設計だ。もし余裕が有るのなら Mania シリーズ を愛用してみてくれ。以下に仕様ポイントを記載する。

* 現在、上記シリーズはお買い求め出来ません。


» 仕 様:[ 羽根 / 3枚合わせ ]
» 水 深:[ 1m ~ 5.0m程度 ]
» 道 糸:[ 1.2号以上 ]
» ハリス:[ 0.6号以上 ]
» ハリ号数:[ グラン / 巨べら 重沈等 / 10号 ~ ]
» 流 れ:[ 強流程度 ]
尚、Mania シリーズ にご興味の有る方は、こちらの [ 巨べら専用浮き - Mania ] にてお求めになれます。

Mania Bottom PT LType - 尊  ( パイプタイプ )
Mania Bottom PT LType - 尊 (パイプトップタイプ)こちらのシリーズは、通常の Bottom (底釣り) タイプだがライトシリーズなので胴長・短トップ仕様になっている。元々が デブトップ仕様 の為、トップに浮力が掛かった時に威力を発揮する。様々な状況が考えられる中、トップが長い方が良い時も在れば・逆にトップが短い方が良い時も在る。その時の状況にも因るがこの仕様は、通常シリーズを 特別仕様 とした ライトタイプ浮き なる。少々、水深が深くても波が荒くても対応できる仕様になってる。もし余裕が有るのなら Mania シリーズ を愛用してみてくれ。以下に仕様ポイントを記載する。
» 仕 様:[ 羽根 / 2枚合わせ ]
» 水 深:[ 1m ~ 5.0m程度 ]
» 道 糸:[ 1.2号以上 ]
» ハリス:[ 0.6号以上 ]
» ハリ号数:[ グラン / 巨べら 重沈等 / 10号 ~ ]
» 流 れ:[ 強流程度 ]
尚、Mania シリーズ にご興味の有る方は、こちらの [ 巨べら専用浮き - Mania ] にてお求めになれます。


通し仕掛けのおさらい

基本的 な使い方は [ 流れ対策 / じっくり大型狙い / 藻場狙い / 食い渋り等...etc ] の条件下で使用するのがベストで在ろう。先にも記してあるがあくまでも [ オモリベタの底釣り ] の延長線上的な感覚で使用する事。そしてその 感度 を最大限に引き出す為には、何れの仕掛けも  [ オモリの重さ = バランス ] が最重要事項になる。使用するフィールドによっては [ 重いオモリ ] が良かったり [ 浮力の無い浮き ] が良かったり
 [ 長いハリス ] が良かったり [ じっくり待つ釣り ] が良かったり エサ落ちは [ トップ1目盛出し ] が良かったりなど等...etc
へら鮒釣り の他の釣り方と何ら変わりは無いのである。そしてこの釣り方の最大のメリットは [ 流れ ] の有るフィールドでも使用する事が出来る。言わば兼用タイプである。但し デメリット も有る。デメリットと言うかこの 通し仕掛け - ドボン なる釣り方が全然通じないフィールドが有ると言う事。幾ら頑張っても全て [ スレ ] なんて現象になってしまうので在る。しかしこの釣り方が出来るか出来ないかとでは 巨べら に出逢う確立も全然変わってくるのは言うまでも無い。


* 注 意
この 巨べら師養成所 に記載されている内容は、サイト監修する へらマニア の独断と偏見で構築されてます。予めご理解の元・ご利用下さい。又 巨べら師養成所 並びにサイト内にてリンクする [ 巨べら師養成所フォトギャラ ] 並びに [ 巨べら専用浮き-Mania ] を閲覧・愛読・愛用しただけでは 巨べら なる強モノを釣り上げる事は出来ません。しかし 巨べら 釣りをする為の基礎情報は、限りなく掲載して在りますのでお気軽にご利用下さい。