巨べら師養成所とは?

» このサイトで言う [ 巨べら ] とは、野釣り限定 ( 産 ) : 45cm 以上の へら鮒 の事を指す。そして何時かは...

巨べら師養成所 - 巨べらダービーとは?

= 巨べらダービーとは? =

~ 序 章 ~

私は幼い頃から世間で言われる [ 野釣り ] なるフィールドで へら鮒釣り を楽しんだ。釣り掘りや管理釣り場が無かった訳では無く、ただ親父の教えが [ 野釣り ] だったので有る。そして私自身もその教えに 違和感 は無かった。クチボソやタナゴ等、様々な魚種が私の童心を擽ってくれた。釣り方も [ バランス ] 釣りから [ ドボン ] 釣り迄。しかし時代が変わり今や [ 野釣り ] と謳われるフィールドは激減した。その代わり [ 管理釣り場 ] が溢れている。 へら鮒釣り のスタイルも変わった。又、それと同時に絶滅に追い込まれた魚種も数え切れない程。へら師 と言われる輩も変わってしまった。そんな中、私はこの 巨べら師養成所 を立ち上げた。それは・私自身が 自分だけの世界 を大切にしたかったから...

私自身が大人になった時、自身の へら鮒釣り の方向性に悩んでいた。それは、管理釣り場等をメインとする [ トーナメント ] 系に進むか、野釣りをメインとする [ 大型専門 ] に行くか。フリーで色々な所へ釣行し、クラブ等で管理釣り場も釣り歩いた。そして暫くは [ 両刀遣い ] で楽しんでいた。どちらが [ 好き - 嫌い ] 等はなかった。又、クラブ等を通じで色々な著名人 ( へら鮒業界の ) とも知り合う事ができた。しかし私の中では何か [ 違和感 ] を感じていた。交流等を深めれば深める程、私自身が求めてる [ 釣りスタイル ] から掛け離れて行く気がした。その [ 違和感 ] は一体何なのか ?

~ 本論の章 ~

確か私が 18才~24才 の時、管理釣り場全盛 を迎えた。あちこちに管理釣り場が登場し、各釣具メーカーが挙って大会を開くようになる。設備も自動計量器を取り入れたり、魚のサイズも [ 大型化 ] され始めた。業界にとってはこの上ないバブル状態で有ったであろう。専門誌も飛ぶように売れた時代だったと聴く。これで へら鮒釣り 業界も良い方向に向かって行くと私は思った。 [ 釣れない - 野釣り ] が主流で有るよりもレジャー的感覚で誰でも楽しめるゲームフィッシングになればと。しかしその [ 誰でも ] が不味かったのか ? 各釣具メーカー等が主催する メジャー大会 で優勝する事が へら鮒釣り 業界のステータスになってしまった。別にそれ自体を非難するつもりは毛頭無い。私が言いたいのは [ 釣る事だけを目的 ] とした輩があちらこちらのフィールドに出没し平気でマナー違反を繰り返す。「何故・出来て当たり前の事が出来ないの?」 と。例えば、管理釣り場で へら鮒釣り を覚えた者が [ 野釣り ] フィールドで大型情報をキャッチし釣行する。が [ 釣る事だけを目的 ] とした輩は、釣り場のマナー等関係無いのである。様は [ 釣る ] 事だけ達成できれば、後はどうでも良いのである。

へら鮒 以外の魚は平気で陸に投げるし、ゴミ等を散らかし・ナイター禁止の釣り場等で平気でナイター釣りをやる。我が物顔でポイント占領はするし・仲間同士で大声で騒ぐ。そして釣り場のルールも平気で破る。事実、釣り禁止になった釣り場も多数存在する。よく [ バサーはマナーがなって無い!! ] 等と噂を耳にするが、私からすれば、そんなマナー等を守れない [ なんっちゃてへら師 ] の方がよっぽど最低な人種に映る。そんな [ なんっちゃてへら師 ] 達と隣りあわせで釣りをする昨今。まぁ全員が全員そういう輩では無いが...

少なくとも私は、そんな輩が集う [ 釣り会 ] や [ クラブ ] 等に属すると何か自分もその類になってしまうようで。
又、元々私は [ 数釣り ] センスが無いし、各メジャー大会等にも全く興味が沸かなかったので、その当時、自分が持ってる釣り関連の全てを捨てて・私自身の へら鮒釣り 人生をリセットする事に決めた。それは、色々な意味で私自身が今までお世話になった方々や釣り仲間等も [ 篩にかける ] 事を意味する。私にとっては苦渋の決断で有った。何もそこまでと思うかもしれないが。自分が求める [ スタイル ] に近づくには中途半端は辞めようと決めていた。どうすれば私自身が納得する へら師 になれるのか ? どうすればこの釣りに [ 夢中 ] になれるのか ? 私が探している [ 本物 ] って一体何 ? ...etc

~ 終 章 ~

そんな時、管理釣り場全盛を迎えた へら鮒釣り 業界で各釣具メーカー主催のメジャー大会が行われ日本一を競う場が有るのに、どうして 野釣り の 巨べら釣り大会 は無いの ? と疑問に思う。勿論、新聞社や釣舟店主催の大会は当時から有ったが。大型が釣れるのは [ たまたま ] と捉える者が殆どで、その趣旨を理解し高い位置付けをする傾向は皆無であった。しかし [ 大型 ] を釣った結果は同じであっても [ たまたま釣った ] では面白く無い。私は心底そう思った。そして [ 狙って釣る ] から面白いし価値が有るのだと確信する。その時、自分の [ スタイル ] を確立しようと決めたのだ。

そして・西暦 1997年 ちょっとした切っ掛けで 巨べらダービー なる企画を立ち上げた。
* 2015年 迄、休止となり 2016年 1月 1日 より新ルールの下、再始動している。

又、詳細については以下に記載する。この企画は [ 釣り会 ] や [ 釣りクラブ ] と言った類のモノでは無い。ただ純粋に野釣りの 巨べら 限定で年間大型を争う。 巨べら を狙う 同志 達と立ち上げた企画。これが楽しいのなんのって。簡単にその当時のルールを記載すると...
[ 参加費 ] は 5,000円 / [ 野釣り限定産の へら鮒 ] が対象 / [ フリー ] で狙え / 年間で集まる義務があるのは [ 年間優勝発表時 ] と [ 上半期 ] の時だけ。自由で好きな時に釣行でき一年間、ずーっと 巨べら を追い掛け回し夢中でいられる。この上ない遊びである。これが私が求めていた [ 究極のスタイル ] であり 巨べら大会 に値する企画だと。勿論 [ 見えない部分 ] や自由が故の [ 落とし穴 ] が多々存在するのも認識済みだ。だから良いのである。誰も観ていないで有ろう [ 自身の単独行動 ] をプライドを持ち、拘りを持ち、自分のスタイルを貫き通す。そしてその中で 巨べら と言う 強モノ 狙い続け射止める。誰の為に釣りをするのでは無くただ 自分だけの世界 の為に行動するのである。

途の為・己の為 = 巨べら道 = from へらマニア

= 巨べらダービー詳細 =

企画名
巨べらダービー2016 - Resurrection
目 的
本大会は、自然をフィールドとした完全野釣り場に措いて・巨べら(へら鮒)釣りにて最長寸(1枚実寸)を競う大会(集まり)である。
参加資格者
常に自然を愛し、愛魚精神を持ち 巨べら 釣りに対する趣並びにスタイルが真摯な者。又、釣り精神は元より己の 釣技 をフル活用し 巨べら に対し敬意を表し [ 真摯 ] に勝負できる者。そして何より [ 正直者 ] でなければならない。尚、途中参加は認められず、新年を迎える前に翌年の参加・不参加の項を主幹へ伝える事とする。又、新規参加者に関しては、現参加者の推薦下協議し、参加させるか否かの決議を下す。
参加者全員が認める者 / 正直者 / 自然環境保護厳守者 / 愛魚精神厳守者他
以下・割愛。
対象魚
へら鮒
参加費 / 年間エントリー料 (事務手数料)
毎年 / 3,000円 + 1,000円
* 但し、途中での参加解除で有ってもエントリー料は返金出来ません。
罰金制度
年間を通し 40cm 以上 のへら鮒を釣り上げられなかった場合、エントリー料以外に罰金 1,000円 を徴収する。
* この制度は、年間を通し参加者全員が士気を落とさない為の制裁である。
対象外フィールド (釣り場)
* 釣り上げても対象外となるフィールドに関しましては、別途、参加者全員に郵送にて送付します。
企画期間
毎年 1月1日 ~ 12月31日 迄
大会参加方法
毎年 11月30日 迄に [ 主幹 ] へ参加の有無を伝える。
 * 尚、年度の途中参加は・不可とする。
大会のルール
スレ取り禁止 / 半べら禁止 / ナイター禁止場所でのナイター釣り(日の出・日没時厳守)
エントリー方法
当企画は、参加者全員が認めた者だけの集まりで在る為・ 巨べら を釣り上げた際の現認者は、必要無しとする。
尚、エントリー方法は以下の通りとする。

(1) 検寸時は、鼻当ての在る件寸台(スケール等)を用いて「巨べら」を測る事。又、別の件寸台(スケール等)を使用する場合、JIS規格のセンチ差しのモノかそれに変わるモノとする。木製目盛りスケールは、水分を含むと膨張し長さが狂うので使用不可とする。

* 自家製スケールは使用可能だが・その際、以下の事が満たされてる事。
> 90度角の鼻当てが在り・測り部分は・JIS規格のセンチ差しで在る事。

(2) 撮影する際、魚体全体が収まるよう写真を撮り [ 何cm ] か確認が取れる事。

* デジカメや携帯等で撮影する場合・画素数を上げて撮影する事。(1,280万画素以上)
* 又、提出画像にて以下の事が満たされてる事。
> [ 魚体全体 ] と [ 何cm ]かが同一画像にて分からない場合・エントリー不可とする。

(3) [ 巨べら ] の口が開いてる検寸写真は無効としエントリー出来ないモノとする。

* 巻尺等を当てただけの検寸写真も無効としエントリー出来ないモノとする。

(4) エントリーサイズは 45cm からとしそれ以下のサイズはエントリー不可とする。

> 巨べら を釣り上げ [ 検寸/撮影 ] をしたら速やかに主幹迄・報告をする事。
その後・その画像を参加者全員に確認して貰いエントリー可能か確認する事。
画像確認後・参加者全員が認めた後・エントリーが認定される。逆に一人でも認めない場合、その魚はエントリー出来ないモノとする。
又、 巨べら を射止めた際、釣り上げた場所・ポイント・釣り方・エサ・長寸等の情報を参加者全員に公開する事。
* 尚、エントリーを認めなかった参加者の名前は、非公開とします。
* 検寸後は・速やかに 巨べら を再放流する事。
* エントリーを認められ無かった結果に不服の在る者は・異議申し立てが出来る。
その際・参加者全員で再審査を行い、再度エントリー可能か協議する。

* その他・細かいルール等に関しては、参加者全員に別途 [ 郵送 ] にて通知する。

約束事
本集団は、以下の事を厳守し・巨べらダービー制覇へ全力を尽くす事。

基本、 巨べら を仕留めた時は・速やかに検寸し再放流する事。但し、船上等により正確 に測れない場合は、最大限の配慮を持って 巨べら を保護し、検寸後・速やかに再放流する事。魚拓は・厳禁とする。

尚、舟等の釣りにより・正確な検寸が出来ない場合、巨大フラシ等の使用を認める。
* 又、巨大フラシを所有して無い場合、ゴミ袋等を代用し最大限の配慮をする事。

巨べらダービー 2016 の参加者は・何時如何なる時も正直者でなければならない。

各釣り場に措いて・他の釣り人に迷惑を掛ける行為を行っては成らない。

使用する玉網は 巨べら に優しい素材のモノを使用する事。磯網等は・使用不可とする。

巨べら 以外の魚(雑魚等)に対し、自分本位の為に殺生をしてはならない。

自分の出したゴミは勿論の事、釣り場に落ちてるゴミを率先して片付ける。

巨べら釣り をする為に・自分本位な自然破壊行為を行ってはならない。
* 但し・舟付けによるロープ止め等は・この行為では無いモノとする。

釣り場のルールに基づき釣りを行う事。禁止行為は一切ご法度。

各自・巨べら釣り を心底楽しみ、巨べら師としてプライドを持って言動する事。

* 企画・大会のルールに違反する行為・並びに約束事に記載する内容を守れ無い者は、如何なる理由が在っても 巨べらダービー 2016 への参加資格を永久に失い・失格とみなします。その場合・参加費等の返金は一切認めません。復権も認めません。

情報公開
本大会の目的を公開する為に・次の活動を行う。

(1) HPを作成し年間釣行をブログ形式等にて情報発信する。
» 巨べらダービー 2016 - Resurrection / 釣行記ブログ

(2) 次世代育成の為・会員が認めた者を育成し会員として育てる。
* 非公開釣り場等の情報は・場所が特定出来ぬ様、最大限配慮を行う事。

会 員
本大会の目的に賛同し・約束事を厳守出来る者を参加者 (会員) と認める。
* 新参加者参戦に付きましては・現参加者全員が認めた者を会員と認める。
役 員
本集団(大会)は・次の役員を置く。
主  幹 / 1名    補佐役 / 1名
上記 2役にて運営するものとする。但し、各役員は1年交代とする。
年行事
上期 /上期 途中経過発表 (7月程度)  年度発表 (1月程度)
* 基本・巨べらダービーは、単独釣行となるがメンバー等の育成面を考慮し年 3~4回の例会(仮)を行いたい。
参加・不参加の連絡
翌年の巨べらダービー「不参加者」は、同年の11月末迄に同年・主幹へ速やかに連絡しなければならない。期日が過ぎた場合・如何なる場合も参加解除は出来ないものとする。参加費も11月末日迄に完納する事。
* 尚、新規参加者の意思表示は、前年「11月末日迄」とする。その際・他の参加者に参加可能か確認し・参加者全員が認めて初めて「参加者」と認められる。
参加者への通達
各参加者への大会参加通達は、毎年 12月第1週迄に封書にて「大会参加通知書」を封筒にて郵送させて頂きます。届かなかった者は、主幹へ確認する事。
付 則
本規約は、平成28年1月1日より実施する。

一生夢中で居たいなら...巨べら釣りを覚えなさい!!

= 巨べらダービーを価値在る集団に =

元々、このサイトを構築する際、私の薀蓄を公開する為に企画・制作したのでは無い。どちらかと言うとこの 巨べらダービー なる企画を前面に出し、このサイトを通して今までの 巨べら師 達とは全く違った [ 遊び方 ] を演出するのがメインだった。その形が、私が思う本来在るべき姿の 巨べら師 だと思うからで在る。そして 愛魚精神・他魚種の保護 / 自然を大切にする / マナー厳守 / プライドを持つ / 正直者である / 釣りが出来る感謝の気持ちを持つ...etc

何度も言うが・余りにも現在の 巨べら釣り (釣りの世界) は、マナーが悪すぎる。自分勝手な輩が多過ぎる。そして何より・釣れれば良いと思う輩が多過ぎる。

巨べら釣り (釣りの世界) は人にモノを教えなければ生けない立場の (年齢) 方々が多い世界なのに、小学生でも出来る様な事が出来ない。
偉そうな事をホザクだけで・やってる事は子供以下。そんな輩に、私は情報も貰いたく無いし付き合いたいとも思わない。幾ら 巨べら釣り に長けてる方だとしても私は全く持って関わりたくない。しかしこのサイトを閲覧してる方々も・正直こう思うかも知れない。 [ 当の管理人も綺麗事並べてるだけで・本当にマナーを守ってるのか? 間違えた事はしてないの? ] って。人間・誰でも過ちは犯す。でもその後、その過ちに気付き [ 改心 ] するのが普通の人間である。私自身 完璧 な人間だなんて思っても無い。そして私がここで述べてる事全てが正しいと思ってる訳でも無い。各個人により意見が違うだろう。しかし [ やって良い事か? 悪い事か? ] 位の判別は付く。正直、そんな方々と同じ土俵に居たくも無いし・上がりたくも無い。

前置きが長くなってしまったが。だからこの 巨べらダービー 2016 - Resurrection なる企画を復活させたかったので在る。

特別なルールが在る訳でも無く。ただ純粋に 巨べら を狙う。勿論、その遊びを楽しむ為には、細かい約束事等が在る。やって当たり前。出来て当たり前。しかしその 出来て当たり前 な事が出来ない輩が多いのが 巨べら釣りの世界 なのである。いや・厳密に言ってしまえば 釣り業界全体 なのかも知れない。 [ 周りの皆がやってるから良いじゃん!! / 誰も見てないから良いじゃん!! ] は、嫌なのである。
誰も見てないから [ プライド ] を持ち・ルールを守り ・ マナーを厳守する のである。


巨べら専用浮き - Mania


もし私が何の釣りの経験も無く、誰かに手解きを受けるとするならば・やっぱり 釣れる釣り方 を教わりたいと思う。だけどどんなにその 釣り方 が上手な方でも、マナーを守らず平気でルールを侵す者で在れば・私は釣り等教わりたくない。これは例えに、自分達の子育てにも言える事ではないか ? 人の親として・世の中が認めない事をお金が稼げるからと犯罪を犯させるか ? それと同じである。大切なのは、釣れる釣れないの結果では無く・どんな気持ちでこの遊びと向き合い・付き合うのかである。

決して・私と同じ気持ちで無くても良いんです。閲覧する者全てが、賛同してくれなくても良いんです。ここに表記して在るのは、あくまで私 へらマニア 個人の意見だとご理解頂きたい。そして今回、周りの方々のお陰で復活できたこの 巨べらダービー 2016 - Resurrection なる企画を通し、こらからの 巨べら師・人材育成 に繋げたいと真剣に思っております。ご年配者も中高年者も若者も。この釣りに興味が在る者で在れば大丈夫です。勿論 へら鮒釣り 経験者じゃ無いと駄目ですが。 巨べら釣りの世界 に興味が在るのであれば是非とも一緒に釣りを楽しもうではないか。

実際、今回より再活動を始めた 巨べらダービー 2016 - Resurrection 参加者の中にも 巨べら釣り 未経験者が数名居る。まぁ勿論 へら鮒釣り の経験は在るが。そしてその戦いはまだ始まったばかり。恐らく釣果的には、難しいかと思うが・年間を通して色々な経験や体験をするで在ろう。管理釣り場等では、経験出来ないサバイバル的な事も多々ある筈だ。だけどそんな色々な体験や経験が立派な 巨べら師 へと成長させるので在る。そして結果は自ずと付いてくる。皆に憧れられる 巨べら師 になって欲しい。閲覧者が羨む集まりで有り価値在る集団で有りたい。その集団が 巨べらダービー なる集まりで有り企画なので在る。


* 注 意
この 巨べら師養成所 に記載されている内容は、サイト監修する へらマニア の独断と偏見で構築されてます。予めご理解の元・ご利用下さい。又 巨べら師養成所 内にて記載する [ 巨べら師養成所フォトギャラ ] 並びに [ 巨べら専用浮き-Mania ] を閲覧・愛読・愛用しただけでは 巨べら なる強モノを釣り上げる事は難しい。しかし 巨べら 釣りをする為の基礎情報は備わっている。[ 利用してくれ! ] このサイトを。